Blog Archives

7/17の吉沢生誕について

本日の吉沢生誕ですが、吉沢の最初で最後のDear☆Dollでの生誕祭となっております。

まずは、本日の前夜祭にご参加頂き、ありがとうございました。

目標集客数を大幅に下回る結果となってしまいましたが、ご来場頂いたドーラーさんのいつもより大きな声で盛り上げてくれたので、嬉しかったです。

 

27日には周年、桜井、吉沢の脱退が控えておりますが、17日も大事なイベントなので、平日のイベントではありますが、一人でも多くの人に駆けつけて頂けると嬉しいです!

明日のライブでは事前物販があります。

そこで、オレンジのサイリウム10本を配布します!

明日のOh!My AKIHABARAでは、出だしの部分を吉沢が歌います。

そこで暗転させますので、皆さんのサイリウムと、配布したサイリウムで照らしてください!

そこはもうその灯りだけで吉沢を照らして下さい。

 

入場特典は吉沢と推しメンと3ショットチェキ

3チェキは通常だと2000円なので、チケ代まるまる浮いちゃう感じですよ!

ラブスネさんの生誕もあるので、ドーラーも負けないで欲しいです。

吉沢推しはもちろん、他推しの方も、一人でも多く集合してくれると嬉しいです!

 

「LOVE SNAKE☆みなみ生誕祭 in PLCテイルD.C. c/w DEAR★DOLL優ちゃん生誕祭」

 

2014年7月17日(木)

 

[会場]

高田馬場PHASE

 

[OPEN/START]

17:15 / 17:30

 

[出演]

PLCテイルD.C. / LOVE SNAKE / Dear★Doll / PLC / 百花繚蘭 /

ナト☆カン / ぱー研! / スライムガールズ / 目黒川女学館 / DiNity / アンダー

ビースティー /

Jewel*marie / 永月ほなみ / 究極人形-アルテマドール- /

東京都民ゆめみんwithしおんちゃん(仮)

 

[TICKET]

前売/2,000円   当日/2,500円(D別/500円)

 

——————————

ちなみに仕事帰りでもワンチャンの21:10~出番ですよ!

物販は19:30?~の事前物販と、終演後物販の2回になります!

 

てな感じで本日で24歳になる吉沢の良い思い出造りにご協力下さい♪

ちなみにCLUB PHASEは僕も若いころに出演してたライブハウスで、楽屋もホールも綺麗で好きな箱でした。行くの10年振りくらいだけど、果たして今は…

 

楽しみですw

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

日程 (必須)

会場名 (必須)

枚数 (必須)

推しメン (必須)

 

 

6/28 ライブ映像

5/31-6/8

5/31 渋谷エンタメステージ「星空Japan*選抜総選挙最終結果発表公演」

5/4からスタートした星空Japan*選抜総選挙の結果発表となるこの日、楽屋の空気は軽くはありませんでした。

星空Japan*とは、複数アイドルグループによるコラボグループで、第1弾参加アイドルとして、Jewel*marieeとDear★Dollが参加する事になりました。

いままで別々に活動してきたグループが、1つのユニットとして活動するわけですから、新しいルールも必要になりますし、立ち位置も必要になってきます。

今回は、初回という事で、選抜総選挙という形でのポジション決めとなりました。

この決め方には当初から賛否はありましたが、人気がある物が上に上がり、やる気のある物はそれを覆す事が出来る、やる気と人気のバランスが取れたメンバーが上へいける合理的な決め方と、個人的には思っています。

私はこの選挙期間中、Dear★Doll側しか見てきませんでしたが、ある者は物販でたくさんの人に呼びかけたり、ある者は毎日のように秋葉原でチラシを配ったり、ツイッターやアメブロに毎回書いたり、ソロライブで宣伝したり、温度差はあるものの、みんなが頑張っていると感じた1ヶ月間でした。

それぞれがそれぞれの方法で努力した結果が、この日に発表されるという事で、楽屋には緊張感があったわけです。

結果は、2位に星野あいな、4位に新穂貴城、その他のメンバーは選抜入りはなりませんでした。

今回の選挙で、自分の力無さを痛感したメンバーは多いと思います。

しかし、自分についた順位の1票1票に、投票してくれた皆様のいろいろな思いが詰まっている事を実感して欲しいです。

 

順位の高い者は、その1票1票の期待に応えなければならないし、順位の低い者は、周りの足を引っ張らぬように、人気や力をつけなければいけません。

 

票が多かろうと、少なかろうと、誰かが思いを込めて入れてくれた票です。

 

その自覚を持って、これからのレコーディングや、ダンスのレッスンには取り組んでもらいたいと思います。

 

6/3 渋谷Duo 「アイドル放課後プロジェクトvol.22」~華麗に舞え編~

Dear★Doll初の出演となる渋谷Duo公演。
SnapCrab NoName 2014 6 8 21 46 48 No 00 5/31 6/8
メジャーアーティストも使うライブハウスなので、天高もあり、内装も綺麗な印象です。

この日Dear★Dollはトップバッター、会場内も人がまばらな状態でしたが、やはり大きなステージはモチベーションが上がりますね。いつかはこれくらいの箱を埋めれるようになりたいものです。

 

次いで6/5 秋葉原ドラッグ&カフェ 平成琴姫定期公演ゲスト出演
以前から御世話になっている平成琴姫さんとの2マンライブでした。

結成当初から何度も対バンさせて頂き、メンバーも仲良くして頂いているユニットだけに、この日はなんとしても集客したかったのですが、目標動員数にあと一歩及ばず。
先日のDuoもそうでしたが、平日公演に予定を併せて下さるドーラーさんはまだ少数なので、なかなか厳しい物があります。
しかし、目標には届かなかったとは言え、仕事を急いで終わらせて駆けつけて下さったドーラーさんも居て、ファンの皆様の愛を感じました。

 

そして、6/7 星宙japan*初となる、個別握手会。
朝8:30集合だったので、メンバーも眠そうにしていました。
いざ始まると、みんな元気そうにしていましたが、当然ながら人気の差がありますので、時間を持て余すメンバーが続出。
歌ったり踊ったりしだす始末。
握手会終了後、両ユニットにお説教をしました。
まだまだこの辺のプロ意識は低いように感じます。

 

そして6/8 渋谷REXからアキドラの回し公演
REXの方は仕事の関係で顔を出せませんでした。
事務所で仕事をしているとREXでライブを終えたメンバーが事務所に来ました。
しばらく半分ミーティング、半分雑談のような話をしていました。
時間が空いたらふざけ合うのがここ最近のDear★Dollのような気がします。

総選挙後、気が抜けた所もあるのかも知れません。

 

ここで、新穂が離れた所で歌の練習をしだしました。
正直そのモチベーションの高さは他のメンバーにも見習って欲しい所です。
触発されたように何人かが「私もやらなきゃ」と練習を始めましたが、
きっと新穂が歌い始めなければ、そのままふざけ合っていたと思います。

1期メンバーが引っ張って行けてないのは問題ですが、やはり新穂の加入はいい流れに繋がっていると思います。

 

アキドラ公演が近づいてくると、メンバーがバタバタとチラシ配りに出かけました。
この辺のモチベーションは比較的高く保たれているので感心しますが、自分達の実力のなさや、遊んでいる間に周りのアイドルにどんどん抜かれて行ってる事に関しては、いまいち自覚がないように思います。
ちょいちょい注意はするのですが、危機感を覚える程には捉えて居ないようで、正直頭を抱えています。

 

短いアイドルの寿命の中で、もう1年が立とうとしています。

 

7月の1周年には「成長したなー。」とファンの皆様にも、私にも思わせてもらいたい物です。

うまくなったと言って下さるドーラーさんも居ますが、正直な所、まだ素人です。

一番足りてないのは、「どこのアイドルにも負けない」という負けん気だったり、「追い抜いてやる」という気持ちだと思います。

 

今は、井の中の蛙状態で、自分達の周りの環境で、無難な位置にいるに過ぎません。
売れているアイドルやアーティストのようなストイックさは、明らかに欠落しています。

3月時よりはモチベーションも上がって居ますが、マイペース過ぎる気がしてなりません。

 

アキドラ公演後私も含めてミーティングをしましたが、横になった姿勢でミーティングをしていた白石に

「それ人の話聞く姿勢じゃないでしょ」と吉沢が一括。

リーダーらしくなってきたなーと思いました。

 

元はといえば最年長というだけでリーダーに抜擢されたところがありますが、そういう点ではすごく成長したなーと思います。

 

各々、成長した点もありますが、ダメな点の方がまだ多いので、現状に甘んじる事なく努力して欲しいです。

 

売れたいとかいうセリフは良く聞きますが、口にするだけでは当然売れませんので、常に売れているアーティストと比較する習慣を付けて欲しいです。メジャーもインディーズも元は同じ素人なのですから。実力差が出ているならば、それは練習不足と意識の差だと思います。

飯を食って横になっている間にも、どこかで誰かがダンスや歌の練習をしているはずですしね。

 

6/23には新曲も披露予定で、現在振付だったり、歌の練習だったり、頑張っているはずなので、6/23の披露時に、等身大の姿を見せれるかと思います。

練習不足でボロボロになるのか、それともキッチリ合わせて来て良い物を見せてくれるのか、
練習に関しては、先生とメンバー達に任せているので、私も楽しみにしています。

私的には曲もいい感じに作れたし、歌詞もかなりキャッチーなものが書けたと思うので、ガッカリしないクオリティに仕上げてきてくれたらいいなーと思ってます。

 

明日は山本の復帰公演で、新穂加入以来初となる7人編成のライブです。

7人でのフォーメーション調整は、1ヶ月くらい前から命じていたので、しっかり出来ると思いますが正直不安でもあります。

皆様も、是非是非、ご自身の目で見に来て下さると嬉しいです。

 

私はあくまでも裏方ですので、指示を出したり注意したりすることしか出来ませんが、少しでもいい方向に向かせるように、尽力していきたいと思います。

 

今後共、彼女たちの成長を見守ってやって下さい。

 

それではノシ

5/25 初台ドアーズ「あるある甲子園 東京1次予選」

この日は、ファン生誕祭→初台ドアーズという流れでした。

 

ファン生誕祭は、毎月開催予定の、お誕生月のドーラーさんをお祝いする、オフ会のような物です。

 

Dear★Dollでは、毎月ファンミーティングとファン生誕祭を開催していくつもりです。

ゆくゆくは公開レッスンも視野にいれております。

 

ファンクラブ会員になれば、上記のようなイベントに参加出来ます。

 

ファンクラブに入会するには、Dear★Doll物販で聞いてください。

年会費等はかかりません。

 

 

さて、記念すべき第一回でしたが、メンバーによる企画は思うように行かず。

最後は主役とメンバー全員、祝いに来てくれた皆さんとメンバー全員でチェキをとって終わりました。

次回までにはいろいろと改善します。

 

 

そのあと初台ドアーズまで時間があったので、私とどーらーさん達で食事しに行きました。

 

その間メンバーは事務所でミーティング。

 

普段からライブハウスでドーラーさんとはお話しますが、こうやって食事しながらゆっくり話す機会は本当にありがたいです。

 

あくまでも「ファンと作っていくアイドル」がコンセプトですから、積極的に取り組んで行きたいです。

 

今後も、ファン生誕とか、ファンミーティングとかのあとは、こういう場も設けたいです。

 

初台ドアーズ「あるある甲子園 東京1次予選」

今Dear★Dollの力を入れているイベントの一つです。

 

 

CM出演やメジャーデビューをかけて、全国各地のアイドルが、動員数などを競うイベントです。

7月で1周年を迎えるので、0からスタートして1年でどこまで来れたのかランク付されるのはいい機会です。

 

現在の順位は5位。

このイベントは、1グループ4回まで参加でき、合計ポイント数で競うものです。

 

今回の公演は2回目でした。

 

次回の公演は6/13(金)、最後が6/28(土)となっております。

ご予定のない方は、応援にかけつけてくれると嬉しいです。

 

チケット代も1000円(D別)と、比較的安いのでDear★DOllのライブに来たことがない方も、遊びに来てみてください♪

 

今日のライブは比較的良かったです。

ここ最近ダンスは良くなってきています。

メンバーもそこに関しては入念に打合せをするようになったのでモチベーションも高くなってきてると思います。

 

一方MCは、相変わらず苦手ですね。

 

私も現役時代苦手でした…

 

大勢の人の前で話するって結構難しいですよね。

 

MCがいい日はライブもよくなりやすいので、もう少し頑張って欲しいです。

 

これからに期待ですね。

 

 

 

 

 

 

5/19 池袋ドット定期公演 第9回目「新穂貴城お披露目公演」

2014年5月19日 毎月2回行っている定期公演にて新メンバー「新穂貴城」のお披露目公演が行われました。

 

新穂は、3月中旬から募集が開始された、Dear★Doll第三期メンバー募集オーディションの唯一の合格者でした。

 

実はこの新穂、一次審査の書類を受け取った時点から取ろうと思ってました。

それは決して実績があったという理由だけではありません。

 

だいたい1ヶ月に4人くらいの「アイドルになりたい」と言うアイドル志望の女の子が、オーディションに参加してくるんですが、

9割以上の子はステージに上がる前に諦めてしまいます。

そして、残りの一割の子は、プロになる覚悟のある子です。

 

今のDear★Dollに足りないものがこの子にはあると思いました。

 

それぐらい筋金入りの期待の新メンバーだったわけです。

 

現場にいらっしゃってた皆様はご存知の通り、5/4の発表以来、ライブの物販にも参加させて頂いてたのですが、

わずか半月で、ステージに立つことが出来ました。

 

そんな、待望のお披露目公演だったのですが、皆様いかがだったでしょうか?

 

本日は普段のライブでは滅多にない、30分ステージ。

 

現状のDear★Dollでは、持ち曲を全て披露しても25分程度です。

 

セットリストは

1SE

2青春なんとか

3ジュリアドール

MC

4電撃トマト

5あっぱぁ★かっとぉ

6左利きの彼氏

 

 

個人的にはトラブル等も含んだ上で、良かったと思います。

 

新穂の加入がいい刺激になってるのかなーと思いました。

 

そして5/19付で、新衣装に変更致しました。

近々に撮影して参りますので、もう少々お待ちください。

今までの印象とは一新して、夏らしい爽やかな感じです。

 

赤チェック時代はまだ初々しさがありました。

白黒衣装はあまり結果を残せませんでした。

今度の衣装はどんな物語の衣装になるのでしょうか。

 

 

新衣装、新メンバー、そして新曲も投入されるという事で、新しいことづくめの5.6月ですが、全ては夏に向けてのためです。

ここで入って来た新しいものを夏までに武器に変えて欲しいです。

 

7/21の一周年に向けて、今は力をつけて欲しいです。

 

定期公演は毎月2回 2.4週の月曜日に池袋ドットで開催しています。

 

毎回衣装を変えたり、カバー曲を歌ったり、いつもと違う内容でライブを開催しています。

 

一度遊びにきてみてください。

 

あるある甲子園や星宙Japan*の参加も決まり、新メンバーや新衣装に新規一転し、これからどっちに傾くかが楽しみです。

 

昨日から今日の結果

5/10 渋谷DESEOからの赤坂元気劇場

 

この日、フォーメーションのミスが目立ちました。

新穂が入り、7人体制の練習をし始めた事と、山本の怪我により、変則の5人体制で公演しているという事もあり、メンバーへの負担は大きいのですが、あまりにもガタガタなライブをするので、赤坂ゲンキ劇場公演のあと、注意しました。

 

いつの頃からか、歌詞間違えやダンスの失敗をあまりキツく怒らないようになり、それが原因で、たまに注意しても、真面目に聞かないようになりました。

結果、「間違えてもしょうがない」みたいな甘い環境になっていました。

 

 

なので、4月からの原点回帰の一環として、「間違いをしたらいけない」という教育に切り替えました。

 

歌詞を間違えたメンバーがいたら、次のライブまでに、間違えた曲の歌詞を、手書きで10枚書いて提出しなさいというルールを作りました。

 

フォーメーション間違いをした場合は、連帯責任で、ライブ直後に、空いているスペースを見つけて、間違えた曲をもう一度踊りなさいというルールを作りました。

 

 

早速、5/11の公演から緊張感のあるライブを出来てたんじゃないかと思います。

少なからず、前日のような、大きな間違えはなくなりました。

 

Birth公演では、早速メルが歌詞飛びをやらかしたので、10枚の刑になりました。

 

これをきっかけに全体的に治ると良いのですが…

 

ここ最近のDear★Dollの流れ

名称未設定 4 ここ最近のDear★Dollの流れ

5/4に星宙Japan*projectへの第位一段アーティストとして参加が決定しました。

先月から怒涛のスケジュールを展開し、5月中も勢いをそのままに活動しています。

 

本日、星宙Japan*選抜総選挙の第一回中間発表が発表されましたが、皆様のおかげで、中間1位をDear★Dollから星野あいなが獲得できました。

次いで5位に今回の星宙メンバー最年少の山本かれんが、Dear★Dollから選ばれました。

6位に吉沢優がつけております。

 

TryAngelPromotionとしましては、1人でも多く今回のチャンスに選抜入りさせたいと思っております。

5/31の投票締切まで、応援お願い致します。

 

また、Dear★Doll単体としても、新たな展開として、あるある甲子園への参加が決定致しました。

今回は地上波のTVや、優勝すると大手企業のCMタイアップが貰えるなど、Dear★Dollには大きなチャンスなので、本気で優勝を狙って行きたいと思っております。

1次予選4公演の合計ポイント数で勝敗が分かれます。

ポイントの詳細についてはまだ発表されていませんが、Dear★Dollとしては、夏までの間、全国決勝大会出場を目標に頑張って行きたいと思っております。

こちらも応援お願い致します。

 

活動開始から間もなく1年になりますので、今回の総選挙、あるある甲子園への出演は、1年間でどこまで成長出来たかの目安になるのではないかと思っております。

 

また、5/4に発表された3期生、新穂貴城のお披露目が5/19のDear★Doll定期公演で予定されておりますので、こちらもご期待下さい。

今後共、応援宜しくお願い致します。

Dear★Doll原点回帰プロジェクトについて

header main 300x179 Dear★Doll原点回帰プロジェクトについて

4/1から、運営、メンバー間で進めてきたDear★Doll原点回帰プロジェクトについて少し触れようかと思います。

DearDollは昨年5月にオーディションにより一期生6人を決定。すべてのメンバー、スタッフが、アイドル業界未経験という状態で、右も左も分からない中、雨の日も風の日も秋葉原でチラシを配り、お披露目となる7/21に単独公演で50名近いお客様を動員し、幸先のいいスタートを切ることが出来ました。

昨年11月にはイベントでも平均動員30名を超え、たくさんのイベンター様からも声をかけてもらえるようになりました。

右も左も分からない業界で、がむしゃらに走り続けて、そういう結果に結びつきました。

ですが、環境に恵まれたせいか、少しずつですが、気を抜く機会が増え、12月23日の主催イベント以降、動員減少や、メンバー間トラブル、スタッフとメンバーの対立、メンバーの体調不良、ダンスレッスンに全員揃わない、など様々なトラブルが発生するようになりました。

 

3月上旬には、4月のブッキングを決めなくてはいけない段階でしたが、スタッフ、メンバー、いつ誰がやめてもおかしくないという状態になり、ブッキングもなかなか切れず、一時は解散も考えました。

 

ですが、僕自身もDearDollに対する思い入れも強く、もう一度立て直したいと思い、3月いっぱい、何度もメンバーとの個人面談を行ってきました。

活動を続けるにあたり、ネガティブな要素や、不満、不安、わだかまりなどを一つずつ解消して行こうと思いました。

今まで僕に黙っていたことを打ち明けてくれたメンバーや、泣いて活動を続けたいというメンバーもいました。

 

正直な所、DearDollが始まってから、全メンバーが一度は涙を流しています。

 

それだけ、個々にとっても思い入れのあるグループなんだと思います。

 

最終的には、メンバー全員の口から、DearDollとして活動したいとの言葉を聞けたのが、今回の再起をはかるきっかけになったと思います。

4月1日から、気を入れ替えて、1つずつダメな事を改善していこうと、メンバー一丸となって活動していく事となりました。

 

7/21の頃の、ただがむしゃらに頑張る気持ちをもう一度取り戻し、おろそかにしてきた基礎からもう一度始めようという目標を立て、DearDoll原点回帰プロジェクトが始まりました。

プロジェクト開始から、まだ1ヶ月足らずですが、メンバーも自発的に秋葉原でのチラシ配りを再開し、3月の時点ではあまり見られなかった、「どうやったら良いライブが出来るか?」「どうしたらDearDollがもっとよくなるか?」というミーティングをしている姿がよく見られるようになりました。

ちょっとキツく言い過ぎたかなっていう面談もしましたが、今のDearDollは一致団結して、すごく良いグループになったと思います。

 

ここ迄

DearDollからDear★Dollへの表記変更を筆頭に、

ダンスレッスンの仕組みの変更

メンバー内の役割分担の組閣

HPのリニューアル

今まで参加しなかったイベントへの参加

ファンミーティングの開催

キャッチフレーズの変更、

ニコ生番組の一新など、

少しずつではありますが、積極的に改革や新しい事への挑戦をして来ました。

まだまだ始まったばかりの原点回帰プロジェクトですが、5月末までを目標に、改革出来ればと思ってます。

まだネガティブ要素や改善の必要な点は多々ありますが、少なくとも、メンバーのモチベーションが3月時とは比べ物にならないほど高いので、僕自身も、初心に戻り、メンバーと一丸となってDear★Dollに尽力したいと思っています。

 

今後共、Dear★Dollをよろしくお願い致します。

4/27 DDライブ映像配布企画

4/27 渋谷Mlkyway→渋谷スターラウンジ→Birth Shinjuku→アキドラの4公演ライブを行いました。

まずは、1部2部と物販が出来なかった事に関し、並行物販可能か、確認しなかった責任をお詫びしなくてはいけません。

申し訳ございませんでした。

 

当日は朝9時に集合。

 

前日も池袋Dot公演があり、終電近くまでミーティングしていたメンバーにとっては早い1日の始まりでした。

 

僕が現場についた頃、ちょうどリハーサルが始まるときでした。

入念にステージを確認し、フォーメションのチェックをしている姿を見て、安心しました。

S  770108 300x225 4/27 DDライブ映像配布企画

主催を前に、モチベーションが上がってるのでしょうか。

 

一公演目 渋谷ミルキーウェイ 「アイドル放課後プロジェクト」

最近お世話になっている、ハニースカッシュさんの運営さんがブッキングしているイベントです。

この日ミルキーウェイのトップバッターを務めたDear★Doll。

1番手は重要な位置なんですが、結果はボロボロ。

新しいフォーメーションを披露したのが裏目に出ました。

リハーサルでチェックしたにもかかわらず、メンバー同士の衝突とか、慌てて移動する姿が目に付きました。

 

二公演目 「渋谷スターラウンジ 柳田絵美花主催イベント」

Dear★Dollも大好きな柳田さんの主催イベントです。

前回の主催にも出てもらったので、

ここは僕としても盛り上げて欲しいところ。

 

ミルキーウェイの入っているビルの1Fなので、移動が楽でした。

ここは以前、ガールズバンド、チェリーハーツさんの主催で出演したことのあるライブハウスでした。

 

まず1番最初に感じたのが音の良さ。

 

さすがバンド系の箱。音質も音圧もいつもより良く聞こえました。

壁もDear★Dollのイメージカラーの赤。

このライブハウス好きです。

 

 

一部よりは会場も盛り上がり、柳田さんの助けもあって、なんとか形になりましたが、内容は1部とあまり変わりませんでした。

S  770110 300x225 4/27 DDライブ映像配布企画

ごめんなさい、柳田さん。

そこで一つ感じたのは、系統の違い。

今まで何も疑問に持たず柳田さんと対バンしていましたが、柳田さんが活動するフィールドとDear★Dollの活動するフィールドは少し違うようですね。

 

柳田さんの周りの出演者は、歌唱力の高い、アーティスト志向のソロアーティストが多いようです。

こういういつもと違ったフィールドに出ると、また違った考え方ができるので、とても刺激になります。

 

これからも、こういうイベントは大事にして行きたいです。

 

 

 

三公演目 Birth Shinjuku 「月と太陽主催」

27日のスケジュールで1番最後に飛び込んできたイベントです。

ギリギリだったので迷ったのですが、主催前にもう一度立っておきたいステージだったので決めました。

スターラウンジを出てから物販が出来なかった事に怒りをあらわにする星野。

 

バースに入ってから

主催という事もあり、そうそうたるメンツがタイムテーブルに並んでいました。

数組のアイドルを後ろから見ていたんですが、どこもレベルが高く、主催を控えたDear★Dollに焦りを感じました。

しかし、予想以上に反応がよく、グループアイドル主体のイベントではやっぱりウケるのかなーって思いました。

1部2部で注意したこともそれなりに改善されていて、まだ見れる形になりましたが、イマイチ覇気がなく、キレの悪いパフォーマンスでした。

 

バックヤードで「ダンスを間違えてしまった」と言って涙を流す他のアイドルを見て、うちにもこんな意識の高さがあるのだろうか?ちょっと不安に思いました。

 

また、最近活動し始めたばかりの月と太陽の成長の速さと完成度の高さに、活動から1年も経っていないDear★Dollですが、もう追いかけられる身なんだなーと思いました。

裏腹に、物販タイムでは新規の方や、女性も何人か来てくれて、メンバーは手応えを感じたようでした。

バースを出る頃には星野の機嫌は直っていました。

S  770082 300x225 4/27 DDライブ映像配布企画

※月と太陽さんと

 

 

4公演目 アキハバラ ドラッグ&カフェ 「アキドラアイドルLIVE Vol.8」

待望のアキドラでの無銭ライブでした。ここ数日立て込んだスケジュールだったので、事務所近くの会場というのもホーム感があり、何かと安心出来る会場です。

メンバーも、結成したての頃、雨の日も、台風の日も、毎日チラシを配ったドラマのある場所です。

 

バースを出てからは、僕は事務所に戻り、本番まで作業していたので、メンバーたちが何をしていたのか知りません。

数人のメンバーが事務所に来ましたが、物販にCD入ってるかー。とかチェキ券切ったかー。とか確認しましたが、大丈夫です。との事で気にも止めていませんでした。

 

本番ギリギリに入りして、楽屋に向かうと、先に入りしていた星野がいつも以上にニコニコして出てきました。

なんでも、3部と4部の間、チラシ配りをしていたようで、思った以上にウケが良かったそうです。

 

やはりメンバーにもホーム感があるのかもしれません。

 

 

21:50からの10分間という事でしたが、イベントの進行が押しており、山本は高校生なのでここで帰宅。

いざ本番が始まると今まで聞いたことのないほどの大きなコール。

久しぶりに見るファンの方もいて、会場は一瞬で盛り上がりました。

 

残念ながら、僕はビデオを撮っており、ライブに集中していなかったので、内容の善し悪しまでは注目出来ていませんでしたが、

今日の4公演の最後に相応しい盛り上がりだったので、主催前にいいムードを作れたんじゃないでしょうか。

 

最近では珍しく、物販に行列が出来てしまい、正直油断していた僕たちはてんやわんやでした。

こんな時に限ってなかなか楽屋からメンバーが出てこない、山本が物販の1部を持って帰ってしまっている!

用意していたチェキ券は足りなくなり、CDも用意していた分をお陰様で完売出来ました。

新規の方もたくさん見え、僕も手応えを感じ始めました。

終演後

CDやチェキ券を買ってくれた皆様、ありがとうございました。

 

※ドタバタしてすみませんでした

 

 

あまりの成功にメンバーも舞い上がっていました。

帰りがけ、星野が「何人でしたか?」って聞いてきたので、

僕は「無銭だから数えてないんじゃない」って返すとガッカリしていました。

 

その会話をした直後、会場を出た僕たちに、スタッフの方がおいかけて来て、

「ご挨拶と人数伝えていなかったので!」と言って、追いかけてきてくれました。

 

「何人でしたか!?」と迫る星野と白石への回答は「37」でした。

ここ最近動員数の落ち込んでいるDear★Dollからは想像出来ない数字でした。

その回答を聞いて、声をあげて泣く星野。

 

4公演のハードスケジュールの中、本番までの短い時間もチラシ配りをした努力の結果でしょうか。

昨年末に行われた2ndシングルセンター争奪戦の時を思わせるような数字でした。

ここ最近の追い込まれた状況から、少しだけ希望が見えた気がします。

 

 

 

1日を通して段々盛り上がっていく流れは最高でした。

このムードのまま主催に望みたいです。

明日の定期公演も盛り上がっていけたらいいなと思います。

 

全公演終了後、事務所で桜井が泣いていました。

理由を聞くと、アキドラの本番中、マイクの電源が入っていなかった事を悔しがっているようでした。

 

うちにも、そういう事で涙を流せる意識の高いメンバーがいた事に少しホッとしました。

そして、本番中、ちゃんと見ていました。歌うパートが多い桜井に歌うパートの少ない白石が、すぐにマイクを交換してあげていた事。

 

そうやって、助け合って、支え合えるグループになったんだなって思いました。

歌もダンスもパフォーマンスも、まだまだ他のアイドルに及びませんが、Dear★Dollにも強い気持ちがあります。

 

早く追い越せるように、同年代の倍、努力して、いろんな経験を積んで欲しいです。

 

これからも応援宜しくお願いします。

 

 

 

そういえば、知人からこんな画像が送られてきましたw

似ているのは遺伝子ですかねw

132001 168x300 4/27 DDライブ映像配布企画

 

時間があるときは週1くらいで更新できたらいいなーと思ってます。

 

 

 

 

 

 

白石さくらの日常

sira 白石さくらの日常